カニ お正月

お正月にはカニが食べたい!

カニ お正月

 

お正月はやっぱカニでしょ♪

 

今年も寒い季節がやってきました。

 

年末年始やお正月、あなたのお家では何を食べますか?

 

年越しそばやおせちを食べる人がほとんどかと思いますが、我が家ではお正月の晩ご飯は毎年必ず「カニ」をたべます。

 

カニ鍋にして食べるんですが、家族みんなで食べるカニはもう最高!

 

元旦の夜にカニ鍋を食べると、「あ〜一年が始まったなぁ」っていう気分にもなります。

 

お正月くらい豪華な食べ物で始めたいですよね!

 

少し前まではカニの購入はスーパーや生協の宅配とかでしていたんですが、

 

ネットの方が安くておいしい!

 

ってことに気が付いて、最近ではもっぱらネット注文ばかりしています。

 

そこで、私がおすすめするカニのネット通販ショップでおすすめのお店を紹介したいと思います。

 

私がおすすめするカニ通販ショップランキング

 

かに本舗

カニ,お正月

 

我が家が良く利用しているのが「かに本舗」。

 

何度か通販で購入しましたが、ハズレが無くいつも安定したおいしさ☆

 

かに本舗のかには、米国アラスカ沖で採れた生のかにを、社長・店長自ら足を運び、現産地で買い付けてくるので、安くて高品質なのが特徴です。

 

口コミ評価や、満足度が高く、ネットショップ大賞でも6年連続1位を獲得するなど、人気のお店です。

 

一番おすすめなのが「生ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット」!

 

かに本舗の大人気商品で、身入りが良く、大きめサイズのズワイガニを食べやすいように手剥きカットしているので、子どもがいる家庭にも人気です。

 

主にズワイガニを扱ったお店ですが、タラバガニや、毛ガニも購入可能!

 

WEB特典として、8,000円以上で送料が無料なので、8,000円以上になるように注文するとよいですね。

 

カニ,お正月【かに本舗】公式サイト

 

かにまみれ



 

かにまみれは、産地証明書の確認が取れた安全ルートからかにを仕入れており、加工はすべて国内工場のみでされています。

 

カニの種類により産地は様々で、国内(北海道)、ロシア、カナダ、アルゼンチン、チリなど。

 

一番人気なのが「四大蟹セット」で、毛ガニ、タラバ、ズワイ、花咲ガニを堪能できるセットです。

 

サイズも種類も規格も他とはけた違い。高品質なカニだけを扱っています。
送料は何点購入しても、全国一律1,200円です。

 

その分、商品自体が安いので、送料を入れてもお得です♪

 

カニ,お正月【かにまみれ】公式サイト

 

 

北釧水産



 

北釧水産は、北海道の魚市場や漁協、カニの輸入業者、漁師さん、農協などから代表や専務自らかにを仕入れています。

 

産地は、国内(北海道)、ロシア、カナダなど。

 

小さな会社ながらも、お客様との連携を大切にしているお店です。

 

一番のおすすめは「本ずわいがにのかにしゃぶ特大2Lサイズ」で、家庭で簡単にかにしゃぶを楽しむことができるセットです。

 

送料は、有料と無料の商品があり、同梱に送料無料商品がある場合、すべて送料無料になります。

 

送料有料の場合、配送地域によって料金が異なります。

 

カニ,お正月カニ,お正月【北釧水産】公式サイト

 

なぜお正月にカニを食べる人が多いのか?

おせち料理って、それぞれの食材に縁起の良い意味があったりして、お正月に食べる意味は分かるけど、カニにはどんな意味があるの?

 

答えは、カニ自体に縁起の良い意味は特にないそうです。

 

じゃあ、何故お正月になるとカニが食べたくなるのでしょうか?

 

それは、ちょうどお正月がカニの美味しい旬の時期だからなんです!

 

そして、高額なカニを食べる良いきっかけがお正月ってわけなんですね。

 

お正月って、基本的に財布のひもが緩みがちですからね(^^;)

 

つまり、私達はカニ販売業者にうまく乗せられているわけですね(笑)

 

とはいっても、やっぱりカニは美味しいし、食べれるものなら食べたい!

 

年に一度のお正月、贅沢してもいいと思います(*^^*)

 

あともう一つ理由としては、大人数で集まる機会が増えるからじゃないでしょうか?

 

カニはみんなで食べると美味しいし、なんといっても豪華です♪

 

おもてなし料理にはピッタリということなんですね!

 

お正月に食べるおすすめカニレシピ

お正月には親戚や大人数で集まる機会が増えるもの。

 

そこで、お正月におすすめなカニ料理は、ワイワイとみんなで楽しめる「鍋」です。

 

かに おすすめレシピ お正月
(我が家でお正月にカニ鍋をした時はこんな感じでした。)

 

作り方はとても簡単で、だし2000ccに薄口しょうゆ・酒・みりんを各大さじ4、塩小さじ1のだし汁に、好きな野菜(白菜、エノキ、人参、椎茸、白ネギ、水菜)や豆腐、葛きりを入れるだけ。

 

最後に、カニをそのまま煮込むのも良し、贅沢にしゃぶしゃぶするのも良し。

 

〆に雑炊をすれば、みんな満足すること間違いなしですね。

 

他には、天ぷら、焼きガニなんかもおすすめで、一気に食卓が豪華になりますよね(*^^*)

 

個人的にはシンプルに、ボイルされたものをカニ酢で食べるのが好きなんですけど、皆さんはどうですか?

 

みんなで楽しめるといったら、バーベキューなんかもおすすめですが、防寒対策はしっかりとしてくださいね(笑)

 

カニが一番おいしい時期は?

カニの一番おいしい時期(旬)といっても、一概に言えるものではなく、種類によって微妙に違うのを知っていますか?

 

一般的には「冬」と認識されていますが、いったい何月にカニを食べるのが一番おいしいんでしょうか?

 

タラバガニ

タラバガニの旬は漁獲地によって異なります。

 

国内でカニといえば北海道ですが、その北海道では冬から春にかけてが旬で、海外では、アラスカやオホーツク海などはもう少し早い11月〜3月が旬です。

 

ズワイガニ

ズワイガニの漁期は、新潟より北の海域で10月〜5月、富山より西の海域でメスが11月6日〜1月10日、オスが11月6日〜3月20日と細かく決められています。

 

総合的に、ズワイガニの旬は11月〜1月になりますね。

 

毛ガニ

毛ガニは一年を通して、どこかの領域で獲られているカニです。

 

よって、年中食べられるカニということになりますが、国内産で多いのは12月〜3月なので、冬の時期が旬と考えて良いと思います。

 

花咲ガニ

唯一旬が冬ではないのが、この花咲ガニです。

 

花咲ガニは限られた海域でしか生息しておらず、根室や釧路で3月〜9月に獲られています。

 

夏から秋にかけてが旬といえるでしょう。

 

お正月においしく食べられる旬のカニは、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニのようですね!

 

それぞれ味わいや食べごたえなど、特徴が違うカニなので、食べ比べてみるのも楽しそうです♪

 

年末年始、お客様にカニを出すと喜ばれる!

年末年始、何かと集まりが多くなる時期、例えば、親戚の集まりだったり、ご近所での集まり、同窓会などなど…

 

普段食べれないような豪華な料理で、おもてなししたいと思うのは当然のこと。

 

「じゃあ豪華な料理って?」「品数を作るのは大変すぎる。」など、おもてなし料理で悩むものです。

 

でも、カニがあれば必然的に豪華に見えるし、調理は簡単、でもみんなに喜ばれる^^

 

こんなに良い食材は他には中々ありません。

 

おじいちゃんおばあちゃん、孫や子供が帰ってきた時には、カニをふるまってあげましょう♪

 

きっと喜ばれること間違いなしですよ(*^^*)

 

年末年始は、カニの注文が殺到するので、無くなる前に早めに購入しておくのがおすすめです。

 

↓私もおすすめ↓

【かに本舗公式サイト】